忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今度のアトリエ食事会のテーマはお米と香り

いまや海外でも日本酒が多く飲まれ、特にワイン文化のある国では、ワイングラスに入れて香りと共に楽しんでいただいています。

そこで今度のアトリエ食事会では、その日本酒の元であるお米と香りに焦点をあてて、いろんな日本酒が醸し出す香りを味わいながら楽しんでいただこうと思っています。




原料であるお米の種類ですが、ここで揃えたのは
 山田錦
 雄町
 飛騨ほまれ
 コシヒカリ

節五郎(せつごろう)出品酒がなにか分からなかったので菊水酒造に伺ってみると、仕込み時期によって違うということなのです。そこで2014年12月24日製造と伝えて調べてもらうと山田錦(二王子酒蔵)と越淡麗(節五郎蔵)のブレンドだということがわかりました。お米の表示義務がないのでほとんどのお酒が調べないとわからないのですよね。

あと、五百万石、美山錦、出羽燦々などありますが、それぞれ取り揃えようと思っています。
それ以外にもこの菊の司酒造さんの「山田錦×華想い」の交配により生まれた岩手で育つ酒米でできた「結の香(ゆいのか)」も気になります。
 
純米大吟醸 
アルコール度16度 精米歩合40% 日本酒度±0 酸度1.4
この結の香を探していてようやくヒカリエ地下のエノテカで見つけました。銀座にある岩手アンテナショップで取り寄せ依頼していたのですが、目処がたっていないということでそちらをキャンセルしエノテカで仕入れさせていただきました。まだあと数本と他にもこの菊の司さんのお酒ありましたので、ご興味ある方はどうぞです。


お酒のお肴もいくつか準備したいと思います。お酒に合う美味しいもの・・・いいですよね。
そして最後の〆には、我が徳島のすだちと半田そうめんで「すだちそうめん」を食べていただきたいと思います。



終了しました。

参加していただいた皆様 ありがとうございました。
楽しんでいただいたお酒は下記となります。

・春鹿 封印酒 純米吟醸 山田錦 精米歩合55% アルコール度15

・獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 山田錦 酒度+4、酸度1.1 、精米歩合23%、アルコール度16


・獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 山田錦 酒度+6、酸度1.1 、精米歩合39%、アルコール度16


・獺祭 純米大吟醸50 山田錦 酒度+3、酸度1.5 、精米歩合50%、アルコール度16


・獺祭 磨き三割九分 スパークリング 山田錦 酒度+4.0、酸度1.3 、精米歩合39%、アルコール度15~16

 

・菊水 節五郎 出品酒 大吟醸原酒 越淡麗 酒度+2、酸度1.2 、精米歩合40%、アルコール度17

 

・福小町 特別純米酒 雄町 酒度+2.5、酸度1.4 、精米歩合60%、アルコール度15.5

 

・天領盃 朱鷺浪漫 純米吟醸 コシヒカリ  酒度-4.0~-5.0、酸度1.3 、精米歩合50%、アルコール度15~16

 

・飛騨高山 純米大吟醸 原酒 無濾過生酒 飛騨ほまれ 酒度?、酸度?、精米歩合50%、アルコール度17~18

 

・結の香 菊の司 純米大吟醸 結の香(山田錦×華想いの交配) 酒度-0.8、酸度1.4、精米歩合40%、アルコール度16

 

・鳥海山 純米大吟醸 無濾過生原酒 美山錦 酒度±0~+2、酸度1.4~1.6 、精米歩合50%、アルコール度17~17.9

 

 

・初亀 吟醸 雄山錦 精米歩合55% 酒度?、酸度?、精米歩合50%、アルコール度?度

 

・純米大吟醸 銀嶺月山 季節限定品 山田錦と出羽燦々 酒度+2、酸度1.3、精米歩合50%、アルコール度15


・真野鶴 四宝和醸 純米吟醸 五百万石 酒度+2~+4、酸度1.2~1.4 、精米歩合55%、アルコール度15.5

 

楯野川 清流 純米大吟醸 出羽燦々 酒度-2、酸度1.4

 

 

 






PR

・獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 山田錦 酒度+4、酸度1.1 、精米歩合23%、アルコール度16


・獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 山田錦 酒度+6、酸度1.1 、精米歩合39%、アルコール度16


・獺祭 純米大吟醸50 山田錦 酒度+3、酸度1.5 、精米歩合50%、アルコール度16


・獺祭 磨き三割九分 スパークリング 山田錦 酒度+4.0、酸度1.3 、精米歩合39%、アルコール度15~16

 

・菊水 節五郎 出品酒 大吟醸原酒 越淡麗 酒度+2、酸度1.2 、精米歩合40%、アルコール度17

 

・福小町 特別純米酒 雄町 酒度+2.5、酸度1.4 、精米歩合60%、アルコール度15.5

 

・天領盃 朱鷺浪漫 純米吟醸 コシヒカリ  酒度-4.0~-5.0、酸度1.3 、精米歩合50%、アルコール度15~16

 

・飛騨高山 純米大吟醸 原酒 無濾過生酒 飛騨ほまれ 酒度?、酸度?、精米歩合50%、アルコール度17~18

 

・結の香 菊の司 純米大吟醸 結の香(山田錦×華想いの交配) 酒度-0.8、酸度1.4、精米歩合40%、アルコール度16

 

・鳥海山 純米大吟醸 無濾過生原酒 美山錦 酒度±0~+2、酸度1.4~1.6 、精米歩合50%、アルコール度17~17.9

 

 

・初亀 吟醸 雄山錦 精米歩合55% 酒度?、酸度?、精米歩合50%、アルコール度?度

 

・純米大吟醸 銀嶺月山 季節限定品 山田錦と出羽燦々 酒度+2、酸度1.3、精米歩合50%、アルコール度15


・真野鶴 四宝和醸 純米吟醸 五百万石 酒度+2~+4、酸度1.2~1.4 、精米歩合55%、アルコール度15.5

 

楯野川 清流 純米大吟醸 出羽燦々 酒度-2、酸度1.4

 

 

 






PR
" dc:identifier="http://msckevent.cooklog.net/Entry/28/" /> -->

応援している可愛い豚 アトリエ食事会のお知らせ

震災後に支援させていただいた養豚場からお礼の豚肉が届きます。

東日本大震災により多くの地域で壊滅的な状況となりました。
この養豚場も例外ではなく津波により、豚のいた豚舎がほとんど流されてしまいました。当時2000頭いた可愛い豚達も生き残ったのが93頭、餌が少ない中で寒さでさらに数は減ったりしましたが、生き抜いた僅かな母豚の中にはすでに妊娠している5頭がいました。困難な状況の中、その母豚が子豚をつぎつぎと産み懸命にお乳を与えて育てている。

農家にとっては希望の光となったことでしょうね。
小さな小さな豚から力をもらったことと思います。

震災後に豚を育てることで、生きることの意味、食べることや暮らすことのつながりの根本をもう一度考えるようになったとのこと。

その農家からまだ十分復興できたとは言えないのに、お礼の豚肉が届きます。頂いていいのかという気持ちもありますが、元気の出る、幸せなお肉と思い、ありがたく食べてまた応援したいと思います。
せっかくですので、そのお肉でアトリエパーティーをしたいと思います。
会費はいりません。ワイン片手にお越しください。狭いので7名様限定ですが・・・
初アトリエパーティーの方を優先させていただきたいと思います。

2014年9月16日火曜日午後7時より
会費 無し ワイン持参助かります。
メールいただければ助かります。
msckknck1999@nifty.ne.jp

支援している養豚農家は名取市の「蔵王ありが豚」
http://www.arigaton.co.jp/arigaton/toppupeji.html
可愛い子豚の写真もこちらのサイトからの写真です。






ショコラパーティーにご参加いただきありがとうございました。

1359646010035.jpg

今日は「アトリエショコラパーティー  カカオで絆を深めましょう」
お忙しい方も遅れて駆けつけて来てくれました。

まずは一人遅れている方を残して乾杯!

Photo_3 

1359770284433.jpg 

チリのスパークリング 辛口でさわやかで美味しかった!


まず最初はサラダを食べていただきました。
ちょっと変わって、ラ・ルーナ・ロッサ八木康介氏のインサラータ・カプレーゼを真似しようとチャレンジ!

トマトをミキサーにかけ、濾して一夜置いておきます。
Simg_6740 
Simg_6743 
Simg_6746 
ただ濾してできた透明なトマトの抽出液が200ミリリットルぐらいしか取れず、まずこの残った物をベースに固めようとゼラチン投入し、冷蔵庫へ
Simg_6753 
Simg_6755 
材料が取れなかったので、これを利用してカプレーゼにチャレンジ!
Simg_6761 
バジルのみじん切りをのせて透明トマト液にゼラチンを入れ、上からそ~っと流し込み、冷蔵庫へ
Simg_6775 
モツァレラチーズを細かくサイコロにし上にトッピング。
アンチョビバターをぬったバケットを添えて。

でもゼラチンがうまく固まらず、参加者からはスープのカプレーゼ美味しい~と。
なんでも美味しければ正解!

次にこの一皿
Simg_6770 
本当はさきほどのインサラータ・カプレーゼの上にフレッシュハーブを乗せようと思っていたのですが、ちょっと変更したので、この一皿を追加。

中央にフレッシュハーブと生ハムを合わせて、オリーブオイルとホワイトバルサミコ、ゲランドの塩で軽く味付け。

手前はトリフ入りサラミ。これがまたこのままで最高に美味しい~!!!
これスパークリングと相性いいです。

奥左側はゴントラン・シェリエのイカスミバケット
右側はそのバケットの上に紫イモのサラダをトッピング
中央は干し柿の上にクリームチーズをのせて。

次にヴォンゴレ・ロッソ
Simg_6776 
ムサカ
Simg_6782 
Simg_6815 

そして鯛の塩釜
Simg_6785 
Simg_6783 
そしてこうやって取り分けている時に、ようやく遅れていたお客様が到着~。

もう一度皆さんで乾杯です。
4

今日はいろんなチョコレートを食べてもらおうと思っているので、遅れて来た方にはどんどん食べてもらおうと思いますが、皆さんがあれこれと会話攻撃です。
5 

鯛の塩釜も開けて。
Simg_6808 

そして最後に牛肉の赤ワイン煮
これがなかなか思うような味にならなかったですね~。
難しいですね。


前日にニンニク・赤ワイン・塩に漬け込み風味付け。
Simg_6733 
Simg_6735 

そして今日、まず表面に焦げ目がつくぐらいに強火で。
Simg_6756 

焼けたら強力粉を付けて炒めます。
Simg_6757 

お鍋に移し替えて先ほどの漬け汁を加えて煮込みます。
Simg_6759 

トータル4時間ぐらいかな、アクを取りながらトロトロと弱火で。
Simg_6760  

無塩バターを入れ風味付け、ソースは肉を取り出した後の煮汁にクレームドカシスを入れて煮出して、また肉を戻して完成。
Simg_6811 
味にコクがない・・・後で気がついたのですが、途中ブイヨンを忘れていました。
焼いたベビーコーンも準備していたのに・・・ごめんなさい~反省。

最後はチョコレート!
パッケージデザイナーも来ていただいていたので、デザインの話もしながら・・・
6 

でも気がつけば終電間際!
急いで帰る支度、ゆっくりと十分にチョコレート味わってもらえずすみませんでした。

皆様からもお持ちいただいたワインもありがとうございました。
1359711758313.jpg 

お越しいただいた皆様、楽しいひとときを遅くまでありがとうございました。






アトリエショコラパーティー のお知らせ

昨日のブログに「伊勢丹サロン・デュ・ショコラ2013に行って来ました」を掲載
させていただきましたが、下のチョコラを皆さんと味わい交流を深めるべく8名のパーティーをしたいと思います。

Sdsc00317
パリ  サロン・デュ・ショコラ限定セレクションBOX
産地の違う8種類のカカオ豆をボナがまとめたもの。
ところが箱の中身は9個!
どれかひとつがランダムに入っているようです。買ったのはポチッが6のブラジルのカカオ豆が一本おまけで入っています。

Sdsc00308_2
これは私の好きなピエール マルコリーニ
特に今年は新作味は無いようですが、この黄色いハート缶が可愛いので買ってしまいました。

Sdsc00312_2 
クリスチャン・ブイエ

Sdsc00319_2 
レ・マルキ・ド・ラデュレ

Sdsc00322_2 
フランク・ケストナー

Sdsc00325_2 
セレクション・レ
Sdsc00327_2 

さて、これをどのように食べ分けるか?
悩んでいます。

A案 すべて8等分し、みんながすべての味を確かめられるようにする。
B案 じゃんけんで順番を決め、好きな立候補順に取っていく・・・。
C案 最初に食べたいチョコの投票を6票入れ、重なったところは分ける。

ん~、私はA案かな。
すべての味をみたい・・・


「アトリエショコラパーティー  カカオで絆を深めましょう」

軽く食事をしていだき、その後ショコラを食べましょう。

日時 2013年1月31日 午後7時30分より乾杯(午後7時より来ていただいても可)
場所 原田正史建築設計事務所
8席限定 
参加費 すみません 今回は参加費をいただきたいと思います。
おひとり3000円+ドリンク

食事 : サラダ、ピザ、ムサカ、鯛の塩釜 程度(変更あり)


ご都合よろしい方はメールかメッセージで上記A、B、Cどの案がよろしいかも教えていただき、いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

ちなみに目白駅からアトリエまでの歩き方はこちらにあります↓
「目白駅からアトリエまで」
http://msckknck1999.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-a283.html


「伊勢丹サロン・デュ・ショコラ2013に行って来ました」
http://msckknck1999.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-4.html









昨日のアトリエでの食事会

昨日のアトリエでの食事会

昨日は久々の食事会だったので、間に合わないことが無いように前頭葉をフルに働かせて、テキパキと準備しました。

テーマは10/9のブログにあるように伊勢丹イタリア展で仕入れた食材をつかっての食事会です。それほど大それたことではないですが、グリーンオリーブ試食が美味しかったので皆さんにも味わっていただこうと思ったのです。

ということでメニューは下記としました。イタリア展とは関係ないメニューもありますが。

温野菜サラダ+生ハム
ムサカ
鯛の塩釜
グリーンオリーブ、ミニカプレーゼ
マルゲリータ
ビーフシチュー
デザートピザ リンゴとゴルゴンゾーラピザ


ということで、一番時間のかかるビーフシチューから。
これは最初だけ仕込んであとはトロトロと火に掛けておけばOKなので。

1350616637989.jpg

牛肉はキウイと一緒につけ込んでおくと柔らかくなるという、ネットレシピ情報を元にチャレンジ。 

1350616638944.jpg 

赤ワインにつけ込み約1時間。

1350616643131.jpg

牛肉とタマネギを炒め、次にじゃがいも、人参も炒め、次に同じお鍋で煮込み始めます。
灰汁をとらねば。

灰汁を取って、セロリを加えて、あとは火にかけて約6時間、ほとんどスープがなくなりどろどろ状態になるまで。


これでビーフシチュウからは手が放れるので、次は鯛の塩釜!
これも形作ってオーブンに入れれば、あとはオーブン任せ。

1350616644241.jpg
ということで、この鯛で作ります。

毎回東武のお魚屋さんで買っていますが、いつも”ウロコ残しでワタのみ取って”っていうと、ウロコいいの?って聞かれます。
普通の料理はウロコあると、ほんと邪魔ですからね。

生地は薄力粉と塩のみ、卵白を使わないパンツェッタ 貴久子さんから教わった料理

1350616645808.jpg 
これは焼き上がってサービスしたときの写真。

斜めにオーブンに入れて180度~210度で約30~40分。
いつも何かのイベントでこれを持っていくと喜ばれます。

1350616647598.jpg
解体すると上下のパイにウロコと皮がくっついて綺麗に取れます。
またパイはすごく塩からいのですが、ウロコから柔らかく塩味がしみてくるので美味しいですよ。これを間違って魚屋さんがウロコまでとっちゃうと、もう~しょっぱくて食べられません。必ずウロコは残してもらうように。
パイも当然食べないように!

1350616648711.jpg 

写真は前後しますが、次はムサカ作り。
鯛をオーブンに入れる前に、じゃがいもを電子レンジでふかしておきます。

取り出して、鯛をオーブンへ。

そしてムサカのベースとなるじゃがいも敷き。
スライスした時にちょっと堅めだったのですが、このあとオーブンでまた加熱するので大丈夫かなと、続行・・・(ところがこれが食べた時も硬かったですね、失敗です。m(_._)m )


1350616649754.jpg 

牛挽肉を入れてミートソース作り。

1350616652142.jpg 

じゃがいもの上に乗せて平らにします。

1350616653298.jpg 



1350616654288.jpg 

その上に茄子を乗せます。

1350616655572.jpg 

オリーブオイルでソテーして乗せます。

1350616656566.jpg

縦切りのレシピが多いですが、後で取り分ける時に縦だと茄子が大きく取りにくいので、輪切りでチャレンジです。

1350616657857.jpg 

茄子の上にホワイトソースとヨーグルトを混ぜたものを乗せ、チーズをかけてオーブンで焼きます。この焼き上がり、チーズが焼けてぐつぐつ動いている状態を皆さんにみていただくと、また美味しく見ていただけます。

1350616658918.jpg 

ムサカの準備ができると、次は温野菜作り。
緑と黄のズッキーニに赤黄のパプリカ、シシトウにマコモタケ、それぞれを塩味でソテー。
それに焼きトマトを加えて、先日いただいたホワイトバルサミコと合わせて、お皿に生ハムと盛りつけ。
1348544818562 
右側ホワイトバルサミコ「プレリバート」 マルピーギ社
お野菜の鮮やかな色が変わらず味付けできるのでいいですね。

生ハムがコクがあり塩味がかなりあったので、温野菜の味を抑えてあっさりとさせたのですが、ちょっと食べた時感じたのですが、あっさりしずぎたかな?

1350616660976.jpg 

これは、ゴントラン シェリエのイカスミバケットとカレー味バケット。
今日の料理に合うかどうかは?だったのですが、ついつい物珍しさあってチョイス。
脇にはゴルゴンゾーラハニーいちじく入り、新商品のカンパーニュ(ドライいちじくとレモンとフェンネルシード)、そしてくるみ入りカンパーニュ。

1350616661757.jpg 

テーブルセッティングでこんな感じになりました。
無事に乾杯までに間に合いました!
3112s_2 

1210181 

鯛の塩釜は1時間たっても冷めないので、出したい時に出せるのでタイミングをみはからってサービスできるのでいいですね。
Table2s 

宴は進んで、マルゲリータの出番!
冷凍モツァレラを解答しておいたのですが、これがまた大きく味見しても美味しい。
トッピングしてもまだ余ったので、急遽ミニカプレーゼを作りました。

1350616663707.jpg 
1350616666744.jpg 
オリーブと合わせて。

マルゲリータの焼き上がりです。円形でないのは愛嬌ということで (^^)/
1350616662521 
3143s 

次にビーフシチュウを!
写真を撮るのを忘れてました。

なのでNO PHOTO

1350616667488.jpg 

デザートにリンゴとゴルゴンゾーラのピザ
これにちょっと甘いスパークリングと合わせていただきます。

FBで集めた皆さんの写真とその日取った写真を取り込んでのムービー上映も、皆さんに喜んでいただけました。
なにせ、皆さんの笑顔が良かったです!

1350616668597.jpg

お持ちいただいたワイン、どれも美味しかったです。
Dsc00429 
Dsc00430 
Dsc00431 
Dsc00432 

ありがとうございました。






目白アトリエにて食事会のお知らせ

今回は先日伊勢丹で行われていましたイタリア展にて、冷凍モッツァレッラチー
ズやオリーブ、サラミ、生ハムなどを買ってきましたので、それを利用してピザ
などを食べていただきながら、いろんなお話をしましょう。

あと会場でワインなどを試飲して、これぞというお手頃スパークリングワインを
2種(乾杯用とデザート用)仕入れましたので、こちらも楽しんでいただきたいと思います。

目白アトリエにて食事会
日時 10月18日 午後7時より
場所 原田正史建築設計事務所 目白アトリエにて
参加費 無料です。お手頃ワインなどをお持ちいただけると助かります






原田正史建築設計事務所 原田正史
161-0033 東京都新宿区下落合2-18-4
tel 03-5906-0250
お申込は下記メールアドレスに
お名前・(年齢)
ご住所・連絡先を添えて
お送りください。
harada@mhrd.tokyo

イベント予定表

7月17日 金
 オーダーキッチンショールームツアー

7月企画中 日
 国内キッチンショールームツアー